アランマーレ初白星 日本リーグ・ハンドボール女子

©株式会社北國新聞社

 第43回日本ハンドボールリーグ女子(10日・富山市八尾スポーツアリーナほか)アランマーレ(射水市)は大阪ラヴィッツをホームに迎え、21—17で今季初白星を挙げた。開幕から9敗1分けと苦しい戦いが続いていたが、シーズン前半の最終節で待望の勝利をもぎ取った。

 アランマーレは前半2分34秒に先制を許すも、遠藤優が2連続得点で逆転し、勢いに乗った。その後も遠藤、佐藤一実を中心にゴールネットを揺らし、1点リードで折り返した。

 後半も1点を争う緊迫した展開が続いた。牛山悠衣が開始から連続得点を挙げるなど差を広げたが、粘る大阪に2度追いつかれた。勝負が決まったのは残り4分、横嶋遥、牛山、遠藤、鈴木愛梨の4連続得点で相手の猛追を止めた。