天然乾燥の能登ヒバふんだんに 沢野建設工房、かほくで見学会

©株式会社北國新聞社

 沢野建設工房(かほく市)の構造見学会は10日、同市上山田で始まり、天然乾燥の能登ヒバをふんだんに使った2階建て住宅が公開された。

 リラックス効果や防虫・耐久性に優れる能登ヒバを1階の構造材全てに使用し、丸太はりも生かした。国基準を超える高断熱で、「長く健康に住み続ける家」を提案している。税制優遇のある認定長期優良住宅となっている。見学会は11日まで。