「統合せずとも利益出る」 西田北陸財務局長、金融機関に注文

©株式会社北國新聞社

 金沢学院大経営情報学部の公開講座は10日、金沢市の金沢学院高香林坊教室で開かれた。北陸財務局の西田直樹局長が講演し、収益環境が厳しさを増している地域金融機関について「時間をかけてビジネスモデルを変えれば、規模の大小にかかわらず、経営統合をしなくても利益を出せる」と語った。

 西田局長は、超低金利下で貸し出しの量を増やして利益を確保しようとする地域金融機関が多いと説明した。増加が目立つのはアパート・マンション経営の融資や住宅ローンであるとし、「それで持続可能性が高いと言えるのか」と問題提起した。

 このほか、顧客本位の金融仲介の取り組みを進め、収益を確保した事例などを紹介した。学生53人が聴講した。