PFU、ホーム開幕戦黒星 V1リーグ、KUROBEに0−3

©株式会社北國新聞社

 バレーボールVリーグ1部女子(10日)PFUブルーキャッツは金沢市総合体育館で行われたホーム開幕戦でKUROBEアクアフェアリーズと対戦し、0—3で開幕3連敗を喫した。

 PFUはジェニファー・ドリス、宇田沙織、村上華澄、正里菜、秋山愛海、チャッチュオン・モクシー、リベロ・谷七海が先発した。

 第1セット、PFUは1点目をサーブミスで落とすなど硬さが目立ち、秋山やモクシーのスパイクで反撃するもブロックで阻まれ、7点差で落とした。第2セットではモクシーがサーブやアタックで得点するが、流れを変えられないままセット連取を許した。第3セットではドリスや津賀菜緒が攻守で活躍し、23—23から一進一退の攻防が続いたものの振り切られた。

 加藤陽一監督は「ブロックディフェンスが機能せず、相手のつなぎのバレーが上手だった」と反省した。