北國銀、無傷の9勝目 ハンドボール日本リーグ

©株式会社北國新聞社

 ハンドボール第43回日本リーグ女子(10日)北國銀行ハニービーは富山市八尾スポーツアリーナでHC名古屋と対戦、31—17で快勝し、無傷の9勝目を挙げて独走態勢に入った。

 北國銀行は開始早々、横嶋彩の4連取と秋山なつみのゴールで一気に5点リードを奪った。

 この後も山口絵梨香、佐々木春乃、永田美香、田邉夕貴、八十島智美、大山真奈が相手ゴールネットを揺らし、11点の大差を付けて前半を折り返した。

 後半は反撃されたが、横嶋(7メートルスロー)—大山—佐々木—佐原奈生子—山口の5連続ゴールではね返し、力の差を見せつけた。

 横嶋が8得点、佐々木が7得点、永田が4得点を挙げた。

 11日は富山市八尾スポーツアリーナで午前11時半から、大阪ラヴィッツと対戦する。