秋晴れのやんばる疾走 ツール・ド・おきなわ開幕 きょうチャンピオンレース

©株式会社沖縄タイムス社

 【ツール・ド・おきなわ取材班】自転車の祭典「第30回ツール・ド・おきなわ2018」が10日、開幕した。初日はサイクリング部門があり、爽やかな秋晴れのやんばる路を鮮やかなジャージーが彩った。

 30回目の節目となった今大会は過去最多の5044人がエントリー。外国人も台湾を中心に661人と最多で、特に人気の沖縄本島一周サイクリングでは昨年に比べて2倍以上に増えた。

 11日はレース部門を中心に実施する。最高峰の国際自転車競技連合(UCI)公認男子チャンピオンレースは国内外の強豪18チームが覇を競う。

 主催はツール・ド・おきなわ協会、北部広域市町村圏事務組合、日本自転車競技連盟。特別協力は沖縄タイムス社、琉球放送、NHK沖縄放送局。

一斉にスタートする「沖縄本島一周サイクリング」の参加者たち=10日午前7時すぎ、名護市21世紀の森体育館前