六文銭の甲冑 かわいらしく 沼田中心街で真田まつりとえびす講

©株式会社上毛新聞社

 「第3回上州沼田真田まつり」と「沼田えびす講」が10日、群馬県の沼田市本町通りを中心に始まった。ご当地グルメや真田氏ゆかりの物産が並び、活気にあふれている。11日まで。

 市民有志が手作りした甲冑(かっちゅう)の試着コーナーが人気を集め=写真、名物「えだまメンチ」も多くの人が味わった。11日は約120人が町を練り歩く武者行列が見もの。鉄砲隊の演武や、公募で選ばれた男女が真田信之、小松姫夫妻になりきって挙式する「城主の嫁取り」もある。午前10時~午後5時。