西武・雄星、早くも米モード すご腕代理人ボラス氏の交渉も本格化

©株式会社西日本新聞社

■ロスへ出発

ポスティングシステムで米メジャーに挑戦することが決まった西武の菊池雄星投手(27)が10日、今後の移籍交渉に備えるとともに、来季に向けた本格的なトレーニングをスタートさせるため、成田空港から米・ロサンゼルスに向けて出発した。

5日に西武が移籍を認めてから初めて公の場に現れた菊池は、まずはチームへの感謝を示した。「球団からは『夢を応援したい』と言っていただいた。9年間、育ててもらい、感謝の気持ちでいっぱい」。西武から正式な回答を受け、移籍への準備を加速させていく。

現地には10日間程度滞在し、本格的な練習に取り組む。シーズンを終え、スイッチオフになっている心と体を立ち上げ、来季に向けて体づくりを再開する。「どこでプレーすることになっても、トレーニングはしっかりやっておかないといけないので」。夢に挑戦するための土台づくりを始める決意だ。

西武が12月5日に締め切りとなるポスティングシステムの申請手続きを進める予定。菊池は一時帰国した後、本格的な交渉のために再渡米する。「(米メジャーは)高校時代から憧れた場所。一つの大きな夢だった」。すご腕で有名な代理人、スコット・ボラス氏の交渉もいよいよ本格化していく。今オフのメジャー市場の中でも注目されている左腕は、晴れやかな表情で夢の舞台、米国へと旅立った。 (松田達也)

=2018/11/11付 西日本スポーツ=