土浦カレーフェス 68店の味食べ比べ 11日グランプリ決定

©株式会社茨城新聞社

68店舗が参加する土浦カレーフェスティバル=土浦市川口

カレーのまち土浦を広くPRするカレーとB級グルメの祭典「土浦カレーフェスティバル」が10日、土浦市川口のジェイコムフィールド土浦で開幕した。計68店舗が参加。地元や全国各地のカレーメニューがそろい、初日から大勢の来場者が食べ比べを楽しんだ。最終日の11日には、投票で今年のカレーナンバーワンを決める「C-1グランプリ」の結果が発表される。

同市、同市食のまちづくり推進協議会が主催し、今年で15回目。会場内は食欲をそそるスパイシーな香りが漂う。カレーライスやカレーパンのほか、カレー味のラーメン、コロッケなど品ぞろえも豊富。

学校帰りに来場した土浦日大高3年、中川裕太さん(18)は「いろんなカレーの味があり、食べていて楽しい」と話した。