包丁大使・いけや賢二さん考案料理、給食に

©株式会社岐阜新聞社

 岐阜県関市公認「包丁大使」のお笑い芸人・いけや賢二さんが提案したおかずを取り入れた給食が9日、同市の20小中学校で提供された。また同市武芸川町谷口の武芸小学校の給食時間に、いけやさんがサプライズで登場した。

 同市で多く生産される包丁と、そのPRを担う包丁大使を児童にも広く知ってもらおうと実施された。いけやさん提案メニューは、いけやさんが考案した「ウル得タレ」をかけたサンマのかば焼き。タレは砂糖、みりん、しょうゆを独自の割合でブレンドした。

 同校児童にいけやさん来校は知らされておらず、突然の登場に驚いた様子。いけやさんは「旬の食材であるサンマをおいしく味わって」と話すと、児童と一緒に給食を味わった。

いけや賢二さんと共にサンマのかば焼きなどの給食を食べる児童たち=関市武芸川町谷口、武芸小学校