関根圀男氏が引退 自民から県議7期 「体調不良」理由

©株式会社上毛新聞社

関根圀男氏

 群馬県議会で現職最長の7期を務める自民党の関根圀男氏(72)=高崎市区=は10日、支援者を集めた会合を同市内で開き、来春の県議選に出馬せずに引退する意向を伝えた。上毛新聞の取材に、関根氏は「出馬するつもりで準備していたが、体調不良で断念した」と説明した。後継候補の擁立は未定。

 県議選で自民は関根氏を含む現職32人を1次公認していた。高崎市区(定数9)はこれまで名乗りを上げた新人はなく、関根氏の不出馬で擁立の動きが活発化しそうだ。