下町ロケット:NACSリーダー森崎博之参戦 鍵握る大学教授役 安田顕と共演も

©株式会社MANTAN

連続ドラマ「下町ロケット」に出演が決まった森崎博之さん (C)TBS

 北海道発の演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」のリーダー、森崎博之さんが、阿部寛さん主演の連続ドラマ「下町ロケット」(TBS系、日曜午後9時)に第6話(18日放送)から登場することが分かった。森崎さんは今回が「日曜劇場」初出演。ドラマの第2章「ヤタガラス編」のキーマンとなる大学教授・野木博文を演じる。

 野木は、佃(阿部さん)の大学時代の同級生で、佃製作所が新たに挑む事業の鍵を握ることになる。野木は佃と共に大学院に進学し、卒業後も大学の研究室に残り、現在は大学教授として“無人農業ロボット”の研究をしている。佃が家業を継いだ頃から連絡を取らなくなり疎遠になっていたが、運命の再会を果たす……という役どころ。佃製作所の技術開発部部長・山崎光彦を演じているTEAM NACSの安田顕さんとの共演もあるという。

 地元・北海道の情報バラエティーのMCやラジオ番組でパーソナリティーを務め、農業や食育に関する講演も行うなど、本作のテーマにも通じる活動を展開してきた森崎さん。「このたび『下町ロケット』において、北海道から日本の農業の未来を応援するという役柄をいただきました。北海道で500回もの放送をしている農業食育番組『あぐり王国北海道NEXT』(HBC)の出演者の一人として、農業の看板を背負ってドラマに出演する喜びを感じています」と話している。

 また、「同じTEAM NACSの安田顕が3年前からこのドラマに出演していますが、今回、私の出演に際し、クランクインの時はわざわざ現場に駆けつけてくれて、主演の阿部寛さんにしっかりと紹介してくれました。とてもありがたくうれしかったのですが、『見てください、こんな巨大な顔の人間がいるなんて驚きますよね!』という紹介は正直やめてほしかったですね」と明かしている。

 「下町ロケット」は、池井戸潤さんの直木賞受賞作をTBSの人気ドラマ枠「日曜劇場」で映像化し、大ヒットした同名連続ドラマ(2015年10月期放送)の続編。小説シリーズ第3弾「下町ロケット ゴースト」と第4弾「下町ロケット ヤタガラス」を基に、度重なる困難を力を合わせて切り抜けてきた佃製作所が、新たな危機に立ち向かうため、“宇宙から大地へ”と大きな転換期を迎える……という内容。

 第2章から高橋努さん、甲本雅裕さん、モロ師岡さんも新たに出演する。

 ◇森崎博之さんのコメント

 このたび「下町ロケット」において、北海道から日本の農業の未来を応援するという役柄をいただきました。 北海道で500回もの放送をしている農業食育番組「あぐり王国北海道NEXT」(HBC)の出演者の一人として、農業の看板を背負ってドラマに出演する喜びを感じています。

 私自身このドラマの大ファンでもありますが、日本にとっての北海道がそうであるように、のどかでおおらかで温かみのある演技ができるよう心掛けながら、この大役を楽しませていただきたいです。

 また、同じTEAM NACSの安田顕が3年前からこのドラマに出演していますが、今回私の出演に際し、 クランクインの時はわざわざ現場に駆けつけてくれて、主演の阿部寛さんにしっかりと紹介してくれました。とてもありがたくうれしかったのですが、「見てください、こんな巨大な顔の人間がいるなんて驚きますよね!」という紹介は、正直やめてほしかったですね(笑い)。

 ◇伊與田英徳プロデューサーのコメント

 北海道でイベントを拝見したとき、お芝居やトークのパフォーマンスをされている中で、農業のことを話されている時が一番生き生きされているな、というのが森崎さんのファーストインプレッションでした。その後、舞台で拝見するたびに、骨太な真っすぐなお芝居をされる方だなと思っておりました。

 今回、池井戸先生の原作で野木というキャラクターに出会ったときに、森崎さんの顔が真っ先に浮かびました。さらに読めば読むほど、森崎さんしか想像できなくなってしまい、思い切ってオファーしました。断られたらどうしようかと思いましたが、念願がかなってよかったです。安田さんとの競演も楽しみです。

 そして、高橋努さん、甲本雅裕さん、モロ師岡さんといった芸達者な役者さんが、後半のヤタガラス編から登場されます。皆さん、楽しみにご覧いただければと思います。