「今日からプログラミングアイドルです!」(ちちんぷいぷいプログラミング第10回)

©株式会社フジテレビジョン

エンちゃん:
世界一プログラミングに詳しいゆるキャラ、エンちゃんから小池さんに残念なお知らせです。

小池美由:
えっ!

エンちゃん:
実は今回で最終回です。

小池:
うそー!!

エンちゃん:
本当です。プログラミングアイドルになれそうですか?

小池:
もうばっちり!
今日からプログラミングアイドルです!

Object Detection(オブジェクト・ディテクション)とは?

エンちゃん:
今日のテーマは「Object Detection・物体検出」です。

小池:
え?

エンちゃん:
画面に映っているものが一体何か読み取る人工知能技術です。
とりあえず見てみましょうか。 

小池:
百聞は一見に如かず。

エンちゃん:
今回の学習に使うのがこちらのMS COCOという形式のデータセットです。
これは画像と画像の中に何が映っているのかを、座標で指定したデータ形式です。
中身をちょっと見てみると、例えばこのおじさん。

小池:
なんか…癖が強い…!

エンちゃん:
このおじさんのこの範囲が人で、この範囲がスプーンですよ、てな感じのデータがMS COCOという形式で表現されています。
こういうデータをたくさん学習するとどの場所に何が映っているのか、人工知能が分かるようになるのがObject Detectionです。

実際にやってみよう!

エンちゃん:
では、実際にやってみましょう。
トップ画面に戻って、NetworksのNewをクリック。
Select Neural Network Modelで「Object Detection」こちらを選択します。

小池:
はい。

エンちゃん:
で、Datasetでcocosmall5.zipを選んで、次。
ノード数を1、エポック数を5にします。

小池:
はい、スタート!

エンちゃん:
はい、ではトレーニングに時間がかかりますので、こちら既に学習済みのものに差し替えます。
ちゃんと学習できているか、こちらに画像を入れて確認してみましょう。
INFERENCEをクリック。何か画像を入れてもらえますか?

小池:
小池、画像持ってます。アイドルなんで!

エンちゃん:
さすが。じゃあ、早速この画像を入れてみましょう。

小池:
「START INFERENCE」をクリック。
どうかな~?

エンちゃん:
おっ!できてそうですね!
(person)人だと94.9%ぐらいに認識されてます。
でも風船はちょっと認識できなかったみたいですね。

小池:
まぁ、私は人って認識してもらったし、OK!
じゃあ、もっかい!もっかい!

エンちゃん:
最終回にしてやっとイキイキしてきましたね!
じゃあ、やってみましょうか!

小池:
スタート!

エンちゃん:
どうかな。

エンちゃん:
人が91.1%、奥の椅子も3つとも50%以上椅子って認識してますね。

小池:
あー!机のことベッドって言ってる!間違えてるよー!

エンちゃん:
人工知能だって間違えます。完璧じゃありませんよ。

小池:
そうなんだぁ。人と一緒だね。じゃあ、もう一回!

エンちゃん:
ダメダメ。お師匠さんの時間です。

 【AIお師匠さんのためになる話と番組のフルバージョンは下記の動画をチェック!】

【第10回】ちちんぷいぷいプログラミング(4分)

全10回ありがとうございました

エンちゃん:
小池さん、今日で一応最終回ですが、どうでしたか?

小池:
もっともっとプログラミングを勉強して、10年後も生き残りたいです!

エンちゃん:
ローマは一日にして成らず、プログラミングも一日にして成らず。日々精進してください!

小池:
はい!常在戦場! <了>