新居浜東、女王新田破る 男子は新田13連覇 県高校バドミントン

©株式会社愛媛新聞社

 バドミントンの全国高校選抜大会県予選第1日は10日、西条市東予体育館で男女の団体を行い、女子は新居浜東が16連覇中の新田を決勝で破り、17年ぶり2度目の優勝を果たした。男子は新田が13年連続21度目の頂点に立った。

 男女の優勝校が12月23、24日に松山市総合コミュニティセンターである四国大会に進み、四国の上位2校が来年3月23~27日に茨城県で開催の全国大会に出場する。

 最終日の11日は、西条高体育館で男女の個人を行う。

17年ぶりに頂点に立った新居浜東の選手ら=西条市東予体育館
【男子決勝 新田―新居浜工】ダブルスでストレート勝ちし、13連覇に導いた新田の鎌田(右)と森川=西条市東予体育館