1本1本染みる愛情 西和賀で「大根漬け」最盛期

©株式会社岩手日報社

冬の名物「大根の一本漬け」の作業を体験する参加者ら=10日、西和賀町上野々

 西和賀町の第三セクター西和賀産業公社(社長・細井洋行町長)で、冬の名物「大根の一本漬け」の漬け込み作業が最盛期を迎えている。

 大根を丸ごと漬け込む一本漬けは、同町に伝わる保存食。10日は漬け込み作業を体験するツアー参加者10人が、収穫した大根に1本ずつ丁寧に塩をすり込み大だるに並べた。

 一本漬けは約40日間漬けて完成させ、参加者に発送する。