大泉署管内の外国人 国境越えフットサルで交流 邑楽で署長杯

©株式会社上毛新聞社

 大泉署長杯フットサル大会が10日、群馬県邑楽町のフットサル場で開かれ、同署管内に住むブラジル人やペルー人、インドネシア人といった外国人と署員ら約100人がスポーツを通じて交流を深めた=写真。

 大会は2グループに分かれてリーグ戦を行い、各リーグの1位同士で決勝を戦った。決勝戦はブラジル人チームのBFCが6―2で、日本人チームのそらまめを下した。