園田博之衆院議員が死去

村山内閣で官房副長官

©一般社団法人共同通信社

死去した園田博之氏

 村山内閣の官房副長官や新党さきがけ幹事長、自民党政調会長代理などを歴任した自民党衆院議員の園田博之(そのだ・ひろゆき)氏=比例九州=が11日午前4時35分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。76歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う予定。喪主は長男哲也(てつや)氏と長女桂子(かつらこ)さん。

 1986年の衆院選で初当選し、以来11回連続で当選。93年に自民党を離党し、武村正義氏らと新党さきがけを結成した。94年から自民、社会、さきがけの連立政権となった村山富市首相の内閣を官房副長官として支えた。