記事の下にキュレーションを表示する

記事ページ下部を自メディアの“出張”領域に

©ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

高橋 理恵

ノアドット株式会社

東芝でSIerを3年経験し、2005年にヤフー入社。法人向けサービスの営業、Yahoo!ニュースのビジネス開発の業務を担当。ノアドット事業の立ち上げに関わり設立とともに出向し、2017年秋にノアドットに転職。現在は主にインサイドセールス、カスタマーサポートの業務を担当。クアラルンプール在住。

高橋 理恵の記事一覧を見る

キュレートした記事本文の下に、自身のそのほかのキュレーションを表示させることが可能です。

上の画面は、キュレーター「野鳥動画図鑑」様が、コンテンツホルダー「下野新聞」様の報じたコウノトリ飛来の記事に読者を誘導したときの例です。
読者は記事を読み終わると、その記事を読むきっかけを作った「野鳥動画図鑑」の記事セレクトに再び出会えます。

この「also curates」(オルソ・キュレーツ)領域によって、キュレーターは自メディアから離脱した読者に対して接点を持続できるだけでなく、自メディアの一部としてキュレーター収益を取得する機会も得られます。

この機能を利用するには、利用ガイド記事「キュレーションの具体的な流れ」にある「nor.のデータベースにキュレーションを保管する使い方」に従って、キュレーションを行う必要があります。

⚠️注意

利用ガイド記事「キュレーションの具体的な流れ」にある

  • nor.のデータベースにキュレーションを保管しない使い方(1)
  • nor.のデータベースにキュレーションを保管しない使い方(2)

では、also curates領域にキュレーションは表示されません。

nor.のデータベースにキュレーションを保管するには、CMSを使って手動でキュレーションを作成するか、APIを利用して自動で行います。
具体的なAPIについては、利用ガイド記事「自サイト・アプリからキュレーションを配信する」にある「A-2)APIで記事を検索し、その検索結果すべてをAPIで取得し、配信する。」から確認できます。

機能強化の予定

本機能については、現在は最新のキュレーション5本を表示しているのみですが、今後はキュレーションに付けられた「タグ」ごとにタブ切り替えのナビゲーションを付ける予定です(以下はPC版の予定イメージ。なお、仕様は予告なく変更の可能性があります)。

今から、キュレーションのカテゴリやジャンルにあわせてタグを作成しておいたうえで、キュレーション作成時にタグを付与することをおすすめします。

  • CMSで付与する場合の利用ガイド記事はこちら
  • APIで付与する場合のAPI仕様はこちら