Lamigoが王者の意地でロッテに雪辱 王柏融はマルチ安打で実力示す

©株式会社Creative2

最終戦に先発登板したLamigoの黄子鵬【画像:(C)PLM】

「日台バトルカップ」はロッテの2勝1敗で終了

 11月11日、台湾の桃園国際棒球場で行われた「桃園最強Power Series 2018 日台バトルカップ」Lamigoモンキーズ対ロッテの最終戦は、7-2でLamigoが勝利を収め、2年連続台湾王者の意地を見せた。

 試合はロッテ種市、Lamigo黄子鵬が先発。Lamigoは2回裏に2点を先制すると、4回裏にも4点を追加して連敗の鬱憤(うっぷん)を晴らした。黄子鵬は、アンダースローからの巧みな投球でロッテ打線を手玉に取って6回1失点の好投。対するロッテ打線は「8番・捕手」で先発した吉田が複数安打を放ち、井口監督にアピールした。

 第2戦まで無安打と調子の上がらなかったLamigo・王柏融外野手は、1打席目で今シリーズ初安打を放つと、2打席目にもファースト井上選手のミットを弾く強烈な安打。3打席目は凡退、4打席目に死球を受け、直後の守備から退いたものの、確かな実力を示した。

 王柏融のこの試合の打席結果は以下の通り。()はロッテの投手。

◯1回裏の第1打席(種市)
1球目、外角低めのスライダーを見逃し、1ストライク
2球目、内角直球を見逃し、2ストライク
3球目、外角低めに落ちるフォークを見送り、1ボール2ストライク
4球目、真ん中低めのスライダーを二遊間へ、遊撃手・藤岡裕選手が打球を処理できず内野安打

◯3回裏の第2打席(種市)
1球目、外角高めのスライダーを見送り、1ボール
2球目、内角高めの直球を強振し、1塁強襲の内野安打を放つ

4回裏の第3打席(種市)
1球目、外角低めのフォークを見送り、1ボール
2球目、外角低めのスライダーを見逃し、1ボール1ストライク
3球目、外角高めのスライダーに手を出すもファウルに、1ボール2ストライク
4球目、外角低めに落ちるフォークを見送り、2ボール2ストライク
5球目、甘く入った直球を弾き返すも、二塁手正面へのゴロ

◯6回裏の第4打席(高野)
1球目、内角低めへのスライダーを空振り、1ストライク
2球目、高めのチェンジアップを見逃す
3球目、147キロの直球が右太ももに当たり、死球で出塁

「桃園最強Power Series 2018 日台バトルカップ」は千葉ロッテが2勝1敗で勝ち越し。打撃面でアピールを続けた安田や香月一、あるいは2戦目に先発して好投を見せた岩下など、来季に向けて多くの若手選手が光るものを見せたシリーズとなった。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)