スルガ銀行、前会長らに賠償提訴

旧経営陣9人、35億円請求

©一般社団法人共同通信社

スルガ銀行本店=静岡県沼津市

 スルガ銀行(静岡県沼津市)は12日、不正融資問題で多額の損失を招いたとして、創業家出身の岡野光喜前会長ら9人に連帯して35億円を支払うよう求める損害賠償訴訟を静岡地裁に起こしたと発表した。失墜した信用を取り戻すため、旧経営陣らへの責任追及を本格化した。

 不正の温床となったシェアハウス向け融資で、焦げ付きを回避する措置を講じる法的義務に違反したと、外部の弁護士らでつくる委員会が認定した。9人合計で35億円を支払うよう求め、連帯請求の範囲は責任が最も重い岡野氏と、同氏の実弟で副社長を務めた故喜之助氏がともに35億円。米山明広前社長ら7人はそれぞれ11億円。