開邦中は7・81倍、球陽4・74倍、緑が丘1・89倍 県立中の志願倍率

©株式会社琉球新報社

 2019年度入学の沖縄県立中学校の出願受け付けが8、9の両日、与勝緑が丘、球陽、開邦の3校で行われた。球陽と開邦は募集定員が40人から80人に増え、前年度に比べ志願倍率は減少したが、依然、3校とも高倍率の志願状況となった。

 与勝緑が丘は定員80人に対し151人(男子67人、女子84人)が応募し、倍率は1.89倍。球陽中は定員80人に対し379人(男子157人、女子222人)で倍率は4.74倍。開邦中は定員80人に対し625人(男子268人、女子357人)、倍率は7.81倍となっている。