むかわ竜研究 一層推進

北大博物館が穂別に分室開設

©株式会社室蘭民報社

北大総合博物館の分室開設で、プレートを掲げる(左から)堀田さん、竹中町長、中川館長、小林准教授

 北海道大学総合博物館(中川光弘館長)は11日、むかわ町の穂別博物館(桜井和彦館長)のかせき学習館内に、「古生物学研究分室」を設置した。北大総合博物館が外部に分室を構えるのは初めて。中川館長は「北大の学生や研究者、全国からの研究者が集う分室にしていきたい」と抱負を語った。

 分室の開設は共同研究しているむかわ竜をはじめ、アンモナイトやクビナガリュウなど穂別博物館が所有する化石を使い、研究室ではできない生きた研究に打ち込んでもらう拠点施設としている。

 2021年度の穂別博物館のリニューアルオープンに合わせる動きもあったが、「むかわ竜」の研究も急ピッチで進んでいることから前倒しさせて現博物館内に開設した。

 むかわ竜の発掘、研究に当たる北海道大学総合博物館・小林快次准教授は「研究拠点として活用していきたい」と分室設置を歓迎。竹中喜之町長も「研究だけではなく、まちづくりの分野にも(成果が)波及していくことを期待している」と語った。

 この日は中川館長、竹中町長、小林准教授と「むかわ竜」の発見者、堀田良幸さんが穂別博物館前に分室のプレートを掲げて開設を祝った。

 北大と同町は2013年(平成25年)から「むかわ竜」の発掘調査を共同で進め、14年には恐竜化石の研究や教育、観光振興など幅広い分野で相互協力の協定を締結。今年5月31日には、北大博物館で双方が分室の開設に関する覚書に調印している。
(佐藤重伸)