カード手数料上限3.25%

ポイント還元の参加条件

©一般社団法人共同通信社

 来年10月の消費税増税時に予定されるキャッシュレス決済のポイント還元制度で、経済産業省が国内のクレジットカード会社に対し、小売店などから受け取る手数料率の上限を3.25%にするよう要請していることが13日、分かった。平均的な水準を基準に据えた。上限を守ることを制度の参加条件とし、応じないカード会社は対象から外すことを検討している。

 この制度は増税後の消費の冷え込みを防ぐため、中小店でクレジットカードやQRコードといった現金以外の手段で決済した人に、増税相当の2%分のポイントを還元する仕組み。