車両パレードで啓発

室蘭・20日まで冬の交通安全運動

©株式会社室蘭民報社

飲酒運転根絶を呼び掛ける車列

 全道一斉2018年度(平成30年度)「冬の交通安全運動」(11~20日)に合わせ、室蘭市では12日、市内一円車両パレードが行われた。

 重点項目は(1)高齢歩行者の保護(2)スリップ事故の防止(3)飲酒運転の根絶―の3点。室蘭警察署の和田信彦地域交通官は出発式で「忘年会シーズンが近づいている。飲酒運転根絶へ一層の警戒を」と呼び掛けた。

 パトカーや道南バスなど37台45人が蘭東、蘭西の2コースに分かれてパレード。「飲んだら乗るな」「夕暮れ時は早めの点灯を」などと市民にアピールした。
(鈴木直人)