徳島で防災力向上目指す大会

減災へ地域社会強化を

©一般社団法人共同通信社

基調講演する兵庫県立大大学院の室崎益輝教授=13日午後、徳島市

 地域の防災力を高めるため、住民や消防団の連携を目指す「地域防災力充実強化大会」が13日、徳島市で開かれ、兵庫県立大大学院の室崎益輝教授が基調講演で「地域コミュニティーを強化し、課題を話し合い、地区防災計画を作ることが減災につながる」と訴えた。

 室崎教授は「西日本豪雨では自治会や消防団の声掛けで住民が避難し、全員が無事だった地域もあった」と紹介した。

 事例発表では、西日本豪雨で女性団員が避難所運営の支援をした松山市消防団の高橋真由美副団長が「避難所では、女性団員ならではの気遣いや強みを生かしながら、必死に任務を遂行した」と振り返った。

松山市消防団の活動を紹介する高橋真由美副団長=13日午後、徳島市