米、対日FTAを視野

副大統領、サービス分野も

©一般社団法人共同通信社

会談後、共同記者発表するペンス米副大統領(左)と安倍首相=13日午後、首相官邸

 来日中のペンス米副大統領は13日、安倍晋三首相との会談後の共同記者発表で、来年始まる日米の新たな貿易交渉について、最終的に包括的な自由貿易協定(FTA)の締結を視野に入れていることを鮮明にした。日本の貿易障壁に不満を示し、物品だけでなくサービス分野の協議も含むと明言した。物品だけの交渉に限定したい日本側との溝は深く、難しい交渉になるのは必至だ。

 ペンス氏は、日米の貿易交渉が妥結すれば「物品だけでなく、サービスを含む重要分野について規定することになる」と述べた。日本との協定は「インド太平洋のモデルになる」とも語った。