ナパーム弾でやけどのゾウ、ニューヨークで保護 ベトナム戦争で「孤児」に

©Daily World Press, Inc.

ニューヨーク州警察のフェイスブックより

 ニューヨーク州警察はニュージャージー州境付近のオレンジ郡ウエストタウンの路上で11日夜、迷子のゾウを保護したと、12日にフェイスブック投稿で発表した。

 投稿によると保護されたのは44歳の雌のアジアゾウ。ベトナム出身で、ベトナム戦争時にナパーム弾によってやけどを負った痕があるという。ニューヨーク州内の動物保護施設で保護されていたが、脱走していた。

 FOXニュースによるとゾウの名前は「フリーサ」。戦争で親をなくし「孤児」となり、米国に移送。やけど痕は背中から顔にわたるという。

ニューヨーク州警察のフェイスブックより