岩手出身元CAオススメ!一度食べたら忘れられない?岩手で絶対食べたい絶品冷麺

©株式会社シーエーメディアエージェンシー

岩手県のソウルフード!盛岡冷麺

もちもちの麺と牛テールのコクのあるスープがたまらない盛岡冷麺。

岩手県では、一年中盛岡冷麺を食べます!

今回は、岩手県に行ったらぜひ召し上がっていただきたい、美味しい冷麺のお店をご紹介します。

 

盛岡冷麺発祥のお店、食道園

食道園は、盛岡冷麺発祥のお店です。

冷麺と言えば、焼肉の締めに……というイメージがありませんか?岩手県民にとってはそんなことありません。

食道園には、2階に冷麺だけのお客さま専用の席(焼肉の鉄板が無いお席)があるので、入店時に、焼肉も食べるのか、冷麺だけなのかを聞かれることがあります。

一般的には、盛岡冷麺にはスイカやリンゴ、梨等の果物が乗っているイメージがあると思うのですが、食道園の盛岡冷麺には乗っていません。

食道園
住所:岩手県盛岡市大通1-8-2
電話番号:019-651-4590
営業時間:
月~土 11:30~15:30(LO15:20頃)、17:00~24:00
日・祝 11:30~15:30、17:00~22:00

 

盛岡冷麺の普及の立役者、盛楼閣

盛岡冷麺の普及の立役者はとも言えるのが、こちらの盛楼閣。

盛楼閣では、その日の天候や気温に合わせて麺の練り方まで変えているそう。

こちらも冷麺のみの専用カウンターもあるので、冷麺だけ気軽に食べに行けるのも魅力です。

盛楼閣
住所:岩手県盛岡市盛岡駅前通15-5ワールドインGENプラザ2F
電話:019-654-8752
営業時間:
11:00~翌2:00

 

作りたての麺が魅力!大同苑

前沢牛といわて牛を使ったスープはまさに絶品。

麺は、注文を受けてから手練りで作ります。

作りたての麺は、透明で強いコシと歯ごたえ、他では味わえません。

盛岡冷麺はもちろんオススメですが、冬にはタンタン冷麺もおすすめです!

大同苑
住所:岩手県盛岡市菜園1-11-11ホテルロイヤル盛岡2F
電話:019-654-5588
営業時間:
金・土・祝前日 11:00~26:00(LO25:30)
月~木・日 11:00~24:00(LO23:30)

 

 

女性も食べやすいにんにく控えめ、三千里

冷麺専用のキムチはニンニクが控えられていて、女性や翌日お仕事のビジネスマンには嬉しいかも。

キャベツと大根の甘みが強く感じられるキムチがとても美味しい冷麺です。

冷麺のスープと言えば牛テールですが、こちらのスープは牛テールにプラスして、お醤油や出汁を感じられる斬新な味わい。

麺も盛岡冷麺の特徴であるゴムのような弾力が控えめなので、盛岡冷麺が苦手な方にもオススメしたいお店です。

三千里
住所:岩手県盛岡市大通3-7-5
電話:019-622-5354
営業時間:
月~土 17:00~24:00
日・祝 17:00~22:30

 

手ごねの麺と30年来守られたスープを味わいたい、髭

注文を受けてから、その都度、すべて粉から手ごねで仕上げる冷麺は本当に美味しいです。

独特の風味が味わえます。

肉と野菜のうまみが凝縮されたスープは、創業以来30数年、変わっていないそう。

キムチには、岩手の新鮮な野菜が使われています。

なんと、調味料も独自で作っているそう!


住所:岩手県盛岡市繁字尾入野47-15
電話:019-689-2805
営業時間:11:00~22:00(LO21:30)

 

岩手県民みんな大好き!もりしげ

わたし自身もですが、岩手県の友人におススメのお店を聞くと、全員が一番にこちらを挙げます。

とろみのあるスープに大盛りの面が絡まってとても美味しいです。

他のお店では食べられないお味。

盛岡冷麺のイメージが変わりますよ! 

もりしげ
住所:岩手県盛岡市東仙北1-10-39
電話:019-635-0737
営業時間:11:00~21:00(LO20:30)

 

いかがですか?

岩手県では一年中冷麺が楽しめます。

旅行や出張の際は、ぜひ、お立ち寄りください!