ようやく北海道の平野部で雪の便り 旭川で初雪

©株式会社ウェザーマップ

午前8時10分現在の衛星画像

 14日(水)の朝、旭川で初雪が観測された。今シーズンは北海道の平野部ではきのうまでに初雪が観測されておらず、記録的な遅さとなっていたが、旭川では平年より22日遅く、観測史上2番目の遅い雪の便りとなった。
 また、網走と稚内でも初雪の発表があり、いずれも平年よりも大幅に遅く、稚内では過去もっとも遅い観測となった。

 けさは上空に強い寒気が流れ込んでいる影響で、北日本を中心に今シーズン一番の冷えこみとなっている。日本海側では曇りや雨の所が多く、北海道では平野部でも雪やみぞれになっている所がある。このあと日中も日本海側ではぐずつき、曇りや雨の所が多くなりそうだ。