リーダー目指せ

室蘭・講習会に25少年団参加

©株式会社室蘭民報社

レクリエーションでスポンジテニスを楽しむ子どもたち

 室蘭市体育協会のリーダー養成講習会が11日、室蘭市体育館で行われた。スポーツ少年団で活動する児童らが参加し、レクリエーションや講話でリーダーの資質について学んだ。

 市内の25少年団から小学4年以上の29人が参加。初めに神島博之本部長が「リーダーシップを学ぼう」と題して講話。チームや学校生活で主体的に行動する大切さを説いた。レクリエーションではミニバレーとスポンジテニスが行われた。普段は野球や陸上、水泳などに打ち込む子どもたちがラリーを繰り広げ、競技の枠を超えて交流を深めた。

 スポーツ少年団リーダー会の会長の室蘭港北クラウン、菊地飛亜多君(蘭北小6年)は「人の意見をよく聞いてから自分の意見も伝えられるようになりたい」と話していた。
(吉本大樹)