衆院憲法審査会、15日は見送り

自公幹部、早期開催を確認

©一般社団法人共同通信社

 自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長は14日、東京都内で会談し、衆院憲法審査会を早期に開き、公選法と投票の利便性をそろえる国民投票法改正案を今国会で確実に成立させる方針を重ねて確認した。憲法審は与野党の協議が難航し、週1回の定例日で、今国会初となる可能性があった15日の開催は見送られる。

 両幹事長は、衆参両院の各委員会が質疑を始めている状況を踏まえ、憲法審も議論を始めるべきだとの認識で一致した。同席した自民党の森山裕国対委員長は会談後、記者団に「まず新幹事の選任を急がなければいけない」と述べ、早期開催を求めた。