無銭飲食した疑い、男逮捕 飲食代1万6千円払わず、経営者が目を離した隙にいなくなる/所沢署

©株式会社埼玉新聞社

 埼玉県所沢署は13日、詐欺の疑いで、所沢市南住吉、無職の男(38)を逮捕した。

 逮捕容疑は10月6日午後8時20分ごろから同11時ごろの間、同市榎町の飲食店で、代金を支払う意思がないにもかかわらずあるように装い、飲食代金など1万6千円を支払わなかった疑い。

 経営する女性(47)が目を離した隙に店からいなくなった。「お金はなかったが、飲みたかった」と供述しているという。焼酎や水割り、つまみなど注文していた。店内の防犯カメラの映像などから特定した。

所沢署=埼玉県所沢市並木