<金口木舌>覆面の裏側

©株式会社琉球新報社

 テレビのプロレス中継で覆面レスラーに熱中した。かつてはミル・マスカラスやザ・デストロイヤーが有名だった。アニメも影響してかタイガーマスクの人気は別格だった▼正体不明で覆面芸術家と呼ばれるバンクシーは有名美術館への無許可展示や壁書きなどの活動でしばしば話題になる。絵画がオークションで高値で競り落とされ、その直後、内蔵のシュレッダーで細断、皆をあっと驚かせた

▼歴史にも随所に「覆面」が現れる。米国の対ソ封じ込め政策を米外交専門誌に投稿したのは「X」。後に米外交官のジョージ・ケナン氏と分かる。また小泉純一郎首相と北朝鮮の金正日総書記との歴史的会談の実現には、北朝鮮側から「ミスターX」が秘密交渉に当たった

▼最近だと「Q」。「トランプ大統領は米国を操る悪の集団とひそかに戦っている」といった説をネット掲示板に投稿する。米中間選挙を前に支持が広がった。米誌タイムが選ぶネット上で最も影響力のある25人にも載った

▼さまざまな抗議行動で見かける英反逆者のガイ・フォークスの面。国際ハッカー集団「アノニマス」もトレードマークにする。米大統領選でもトランプ氏を批判しサイバー攻撃を仕掛けた

▼覆面レスラーは子どもに喜びを与えた。同じ匿名でも、「Q」からは憎しみを、バンクシーからは愛を感じる。与えるなら、愛がいい。