6年前の飲食店強盗容疑、静岡の44歳男を逮捕 松戸署

©株式会社千葉日報社

 6年前に千葉県松戸市内の飲食店で起きた強盗事件に関与したとして、松戸署は14日、強盗の疑いで静岡県伊東市、無職の男(44)を逮捕した。

 逮捕容疑は2012年4月9日午前4時10~15分ごろ、松戸市古ケ崎のファストフード店で、男性のアルバイト店員(33)に包丁のようなものを突き付け「金を出せ」などと脅し、レジにあった現金約5万5千円を奪って逃げた疑い。

 同署によると、最近になって遺留物の鑑定結果から浮上。男は当時松戸市内に住んでおり、「生活が苦しかったので生活費の足しにするためにやった」と容疑を認めている。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)