週末は平地でも積雪 凍結に注意 北海道に雪に関する情報

©株式会社ウェザーマップ

きょう15日は、東・西日本を中心にこの秋一番の冷え込みとなった地域が多いが、北日本は日本海側を中心に、むしろ平年より気温の高い所がほとんどだった。ただ、週末の北海道は気温が一気に下がり、雪に対する備えや注意が必要となる地域が出てきそうだ。

 あす16日(金)の日中、北日本を寒冷前線が通過した後は、北海道の上空1500メートル付近に、12月中旬並みの寒気が流れ込む。このため、北海道の日本海側北部では、16日夜から18日(日)にかけて雪が降り、平地でも雪の積もる所がありそうだ。積雪や、路面の凍結による交通障害に注意が必要となる。

来週は一段と寒くなる

 週明けの20日(火)以降は、北海道の上空に次の強い寒気が流れ込む予想で、日本海側は雪や雨の所が多くなる見込み。東北でも気温が下がり、平野部でも雪の混じる可能性がある。
(気象予報士・高橋和也)