八丁味噌保護で老舗2社が請願

消費者庁に見解求める

©一般社団法人共同通信社

 地域の農林水産物をブランドとして守る地理的表示保護制度に登録された愛知の豆みそ「八丁味噌」を巡り、枠組みから漏れた老舗2社が15日、「(農林水産省が登録を認めたのは)産地も生産方法も全く異なるみそで消費者に多大な混乱をもたらす」として消費者庁に見解を求める請願書を提出した。

 2社は、いずれも愛知県岡崎市の「まるや八丁味噌」社と「八丁味噌」社。請願書では、八丁味噌として広く認識されているのは2社の製品で、登録されたのは「特性が異なる明らかな別物」と訴えた。その上で、消費者が勘違いして購入する可能性があるとし、登録の妥当性を同庁が検討し回答するよう求めた。