主人が事故死した道路で2カ月以上…、「忠犬ハチ公が現れた!」と話題に―中国

©株式会社 Record China

2018年11月12日、中国新聞網によると、内モンゴル自治区フフホト市に「忠犬ハチ公」が出現したとネットで話題になっている。

「80日以上、主人を待ち続ける犬」がいるのは、同市の錫林郭勒南路という名の道路。8月下旬にそこで交通事故死した人が飼い主と見られるという。犬の側に置かれた食べ物は愛犬家らが買って来たものだそう。あるボランティアは「今、飼い主の遺族と連絡を取っているところ」と説明し、連絡が取れない場合は犬が安心して暮らせる場所を探したいと話しているという。(翻訳・編集/野谷)