防弾少年団と徴用工問題が日本人を覚醒させた?国民的規模で広がる韓国へのかつてない”本気の怒り”

©株式会社ID Cruise

写真:AP/アフロ

今月9日。テレビ朝日は当初予定されていた防弾少年団 (BTS)の「ミュージックステーション」への出演を見合わせた事を明らかにしました。同時にNHK紅白歌合戦を含む年末の特番への出演も全て白紙になったことが複数のメディアで報じられています。

メンバーが原爆Tシャツを着用した事に端を発した一連の騒動は「ナチスの紋章入り帽子着用」「原爆ジャケット着用」「津波被害者を揶揄するPV」「ナチスを彷彿させるライブ」…と、次々とネット上で出回り大きな非難の声が挙がりました。相当数の抗議もあった様で、 防弾少年団(BTS)は国内テレビへの事実上の「出入り禁止」の状態です。とはいえ未だ収束には至っておらず、更に大きな問題へと発展しそうな気配を漂わせています。

こんにちは! チバレイです。

先日、あるお祝いの席にお招き頂き、半年振りに東京へ。そこで杉田水脈姉、はすみとしこちゃんと再会しました。「ネトウヨの姫3人衆の揃い踏み!」となったわけです(笑)! まあ、この半年の間に色々と有り過ぎるくらいありましたから(笑)! 3人お泊まりでパジャマに着替え、お酒片手にあれやこれやと話は尽きません。2人の徹底した不条理に向ける闘志、人と国を思う優しくも厳格な心、そして何よりも「男前」な気性に、改めて惚れ直してしまいました。「これから先も一緒にやって行きたいな」と願わずにはいられません。例え離れていても解り合える、本当に大切な同志であり、掛け替えの無い「姉妹」たちなのです。

何でも世は第3次の韓流ブームの真っ只中なんだそうです。2010年辺りをピークとした第2次韓流ブームは、皆さまご存知の通り電通・フジテレビ主導で仕掛けられたものでした。とにかく巷はドラマも歌もCMも「韓流」で溢れかえっていたのは記憶に新しいところです。

このゴリ押しとも取れる”あからさまな露出”は、やがて反感を招き、フジテレビへの抗議デモ・スポンサーの不買運動にまで発展。当時の李昭博大統領の竹島上陸と、天皇陛下への不敬発言もあって、日本中で嫌韓が叫ばれる様になり、韓流はいつの間にか尻すぼみとなったのです。

ところが女子中高生を中心に韓流/Kポップ・アイドルの人気は衰えず、我々の知らない所で韓流は着実に生き延びていたのです。近年に至って更なる高まりを見せ、その活動域は世界中(?)に熱狂的なファンを持つほどだとか。

確かに女子中高生であれば政治的、歴史的観点からしてもその多くは「情報弱者」であることは否めないでしょう。

”然り気無く入れた反日的なエッセンス”…そんな「悪意」に日本のファンが気付く事も無く、さりとて自国では堂々と「反日=愛国」を誇示できるのです。ましてや日本の市場は大きく美味しいとくれば、一挙両得! 止められないでしょうね。

この防弾少年団(BTS)のメンバーがどんな思想を持ち、何をしたいのか…知りたくも無ければ興味も有りません。国家によって歪んだ歴史と愛国心を植え付けられたステレオタイプの”韓国人”そのものなのでしょう。ただ、テレビ出演の中止をSNSで嘆き悲しむ日本のファンたちの一部…”BTSを熱愛する余り日本を加害者として恨んだり、自国に絶望する、或いはテロすら匂わすような発言”…を見るに付け心を痛めています。日本人ファンが韓国贔屓(ひいき)から変な反日スイッチが入り、言葉巧みに薄汚いパヨク勢に絡め取られるなんて事が起きない事を願うばかりです。

■資産請求権放棄22兆円と経済援助2兆円でも「徴用工」の寝言?

今回、多くの日本人は「本当に怒っている」のです。過去に例を見ないほどの怒りを見せています。

8月15日が韓国の光復節であり、国民が喜び万歳するのは理解する事とします。そこに原爆のキノコ雲の画像を並べ、それらをプリントしたTシャツを着た時点で、どんな言い訳をしようとも、日本に向けた「悪意」が見て取れます。

原爆被害に遭った方を侮辱し、死者を冒涜する様な事をして密かにほくそ笑む…そして万事、言い逃れができる様な逃げ道を作っておく。これが国民性なのでしょうか。そんな卑怯で姑息なやり方には憐れみすら覚えます。ついでながら、日本の原水協や原水禁といった関連団体の皆さまからの抗議声明はまだでしょうか?

BTSや他のKポップのアーティストのみならず、韓国という国家と国民の多くが挙って悪意を向け続け、挑発し続けたからこそ、だからこそここに至って「遂ぞ日本人の堪忍袋の緒が切れた」のです。

大切な事なのでもう一度言います。

『私たち日本人は今度という今度は、本当に怒っているのです!』

その怒りは韓国人の様に感情的に喚いたり騒ぎ立てる類いのものではなく、静かに胸の内でメラメラと燃え立つ様な怒りです。耐えに耐えた日本人の怒りは情け容赦の無い制裁に動く事でしょう。そんな多くの日本人の怒りを覚醒させたのは、原爆Tシャツだけではありません。【徴用工判決】にも大きな原因があります。

韓国の大法院(最高裁)は原告の自称・元徴用工4名を【強制動員被害者】とし「募集に応じた労働者だった」と認めながらも日本企業である新日鉄住金に4億ウォン(4000万円)の「慰謝料」の支払いを命じる判決を言い渡しました。また原告側の弁護士、支援団体は東京の新日鉄住金本社を突然訪問し、支払いを要請しようとしましたが面会を拒否されています。

我が国と韓国は昭和40年(1965)に正式な国交を結ぶに当たり、日韓基本条約を締結し、日韓請求権協定に於いてそれ以前の双方の国民、法人等の請求権に関して「完全かつ最終的に解決」と、取り決めをしました。

その為に日本から有償無償合わせて5億ドル、民間借款で3億ドルが支払われています。1ドル=360円の時代ですから2900億円という莫大な金額です。当時の大卒初任給が2万4000円だったという事から考えると現代の価値では悠に2兆円を超えます。

また戦後日本が朝鮮半島に残した資産は、現在の価値で16兆9300億円にも登る事が当時のGHQ、日銀等の調査で明らかになっています。更には個人資産の5兆円もあります。本来ならば我が国はそれら22兆円にも及ぶ資産の請求権が有ったにも関わらず全て放棄し、2兆円以上もの経済協力金を払ったのです。これによって”漢江(ハンガン)の奇跡”といわれる戦後復興が行われたのですが、時の朴正煕政権以降、現在に至るまで国民に知らされる事は有りません。

今回の【徴用工判決】は、日韓関係の法的な基盤を根幹から崩しかねない条約破りであり、国際法上の観点からも明らかな暴挙としか言い様が有りません。いくら協議し取り決めを行い、条約を締結してもこの国には通用しないのです。条約とは司法・立法・行政という三権よりも優先されるべきものなのに。

平成27年「慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と合意した【慰安婦問題の日韓合意】も結局一方的に屁理屈を捏ね、有耶無耶にされた事を私たちは忘れていません。

常に法の上に国民感情が有り、国際的な立場だとか秩序といったものは考えることができない「ご都合主義」の「信頼に値しない国家」なのだと韓国自ら暴露している様なものです。

■韓国経済に衝撃!? 静かに動き出した日本政府の「本気」とは?

我が国政府は国際司法裁判所への提訴も含めた「厳しい」対応を検討している様です。また自民党外交部は非難決議を行い、韓国への対抗・制裁措置を求めました。全てにおいてこれ迄とは明らかに違う反応を見せており、それを感じ取ってか韓国を擁護する界隈からの声も小さいものです。先に述べた通り我が国は確実に制裁に向けて動き出したのです。これ迄の様な「遺憾砲」レベルではなく韓国を本気で見限ったのだと考えます。

先ずは早急に駐韓大使の帰国を行うべきてしょう。昨年の様な形式的な帰国では駄目です。少なくとも韓国政府からの納得いく事態の収集と、関係修復がなされる迄の無期限の帰国です。こちらは大使が韓国に戻らずとも一向に困りません。そうやって 究極的に国交の断絶まで視野に入れた覚悟を見せ付けるべきです。在韓邦人への状況説明と、帰国・撤退に関するアナウンスも必要となるでしょう。

政府は各国大使に現地有力紙への寄稿を行い、メディアを通じて韓国の不当性についての対外発信を行うよう要請したとの事です。恐らくは河野太郎外務大臣の指揮と見ています。怒ってましたからね。

こうなると韓国からの「ノービザ渡航」も即時廃止、我が国への入国のハードルを上げる事も必要です。出ていく分には問題有りません!どんどん出国されてください。入ってくるのを規制するだけです。

更には日本からのIT製品の基幹部品や素材といった輸出品への規制・禁止措置も必要となってきます。今回の件との関連性は不明ながら「フッ化水素の韓国への輸出禁止措置」が行われる様です。現地では結構な騒ぎになってるそうですが、こちらの知った事ではありません。

我が国からの輸出ありきで成り立つ韓国経済に、輸出規制を掛ける事は大きな打撃となるでしょう。それでなくとも「北朝鮮シンパ」と目される文在寅大統領は北朝鮮への制裁破りで、米国を始め世界中から顰蹙を買い警戒されています。我が国からの戦略物資や、軍事転用可能性品が横流しでもされたら大変です。

■第二の徴用工になりかねない!? 韓国内の日本就職ブーム

さて、これだけ大問題となった徴用工ですが、現在に於いて【第2の徴用工】を産み出す危険性!が取り沙汰されています。就職難に喘ぐ韓国内での”日本就職ブーム”がまさにそれ。先日もソウルと釜山で”日本就職博覧会”なる日本企業説明会が行われ、112社660人の採用規模に対して6000名を超える事前申し込みが有ったそうなのです。事の重大さと危なさを理解されてるのでしょうか?

韓国は299社にも及ぶ日本企業を【戦犯企業】に認定しています。”植民地支配された日帝時代に強制労働をさせた企業”なんだそうで、今後、韓国最高裁の【徴用工判決】の影響を受け、訴訟の対象となり得る日本企業です。

現在の我が国の人材不足はまさに戦時中のそれと同じだといわれています。当時は男性が兵役に就いた為の慢性的人材不足でした。そして賃金の高騰を招いた結果、朝鮮半島からの労働者が自ら希望し、中には密航してまで渡ってきた者がいました。そして現在その労働者たちが自称・元徴用工として騒いでいるのです。

そんな未来の【徴用工予備軍】ともいえる人材を安易に雇用する事に対し、警戒せずにはいられません。数十年後に「強制的に労働させられた」「精神的苦痛を受けた」と提訴されてる事は十分に予測ができます。だって、それが韓国人の思考パターンであり、過去の事例からも十分に伺うことができるから。「国と個人は別だ」と考える経済界の脇の甘さ、目先の利益を優先する考えが過去に国益を損なってきた事実は否めません。

もちろん優秀で日本を大切に思う素晴らしい韓国人はいます。しかし今問題とすべきは反日教育を受けた韓国人が日本で就職し、日本に在留する事なのです。1000人の反日韓国人が日本で就職したなら、日本国内に1000人の反日勢力が増えることになるのですから。

安易に人材を韓国に求める愚を見直し、政官財そして私たち国民が一致団結して韓国への善処と猛省を求めつつも、究極的に断交という結果を見据え、国益と国民を第一に置く政策を、より鮮明に打ち出すべき局面だと考えます。既に在韓の一部日本企業は、撤退や投資引き揚げの検討に入っています。我が国政府の更なる陣頭指揮に心から期待を寄せています。

BTSに関し冒頭で『更に大きな問題へと発展しそう』だと申しました。あの有力なユダヤ人権団体【サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)】が遂にBTSに関して声明を出しました。『このグループの経営陣は、フロントパフォーマーだけでなく、公然と謝罪すべきだ』と。

これで世界的な問題になったと見て間違い無いのですが、SWCといえば反日色の強い団体ですから何とも…過去に日本の「マルコポーロ」誌を瞬殺、即効で廃刊に追い込んだ程の力を持つのは間違い無いのですが、今回はどう動くのでしょう。今後の成り行きを見守る事にします。

因果応報といいますがBTSを取り巻く問題は、そのまま韓国という国家を取り巻く「孤立無援」の状況と同じです。いくらファンが擁護しようとも、いくら同胞が火消しを行おうと、どちらも最悪のエンディングへと向かっているのです。

グループの対応次第では世界中から閉め出され、今後の活動すら危ぶまれます。同様に国家としては世界中から警戒され、信頼を失い経済破綻を招き、やがては祖国統一の美名の下で北朝鮮からの併呑という憂き目に会うのでしょう……。

私たちは対岸の火事を何度も助けてきました。そして助ける度に侮辱され、謝罪を求められ、お金を要求され続けてきたのです。そして懲りずにまたもや火事を起こした対岸に、これ以上の助けは必要ありません。私たちはこれ迄十分に手を尽くしました。今や日本だけでなく世界中が【疲韓】です。

後はご自分たちでお好きにどうぞ。