大相撲・高安2敗目、竜電が殊勲

貴景勝が初黒星、栃ノ心4敗目

©一般社団法人共同通信社

竜電(右)が高安を寄り切りで破る=福岡国際センター

 大相撲九州場所7日目(17日・福岡国際センター)大関陣は高安が初顔合わせの竜電に寄り切られ、2敗目を喫した。豪栄道は正代を押し出して白星を先行させたが、栃ノ心は嘉風のすくい投げに屈して4敗目。

 小結貴景勝は関脇御嶽海にはたき込まれ、初黒星となった。御嶽海は4勝目を挙げた。

 1敗の貴景勝、平幕の大栄翔、阿武咲の3人を、2敗で高安、平幕の栃煌山、千代大龍、阿炎、碧山の5人が追う展開。十両は照強、炎鵬、翔猿が1敗で首位に並んだ。

貴景勝(奥)がはたき込みで御嶽海に敗れる=福岡国際センター