大分と大阪言い間違い

桜田五輪相、すぐに訂正

©一般社団法人共同通信社

 桜田義孝五輪相が17日、2020年東京五輪・パラリンピックの海外選手らと地域住民が交流する「ホストタウン」に登録した大分市幹部らと同市内で意見交換した際、「大分市」を「大阪市」と言い間違える一幕があった。同席していた事務方に指摘され「大分市」とすぐに言い直した。

 ホストタウンには大阪市も登録している。訂正後、桜田氏は「幅広い分野で参加国との交流を深めてほしい。政府としても活動を支援していく」と激励した。

 その後、桜田氏は記者団に「現場の意気込みを感じた。東京だけでなく、全国的に盛り上げることが大事だ。やる気満々。意欲が湧いてきた」と語った。