ちぐはぐのまま?

©株式会社長崎新聞社

 金づちを鎮具(ちぐ)とも言い、くぎ抜きを破具(はぐ)とも言う。くぎを鎮具で打っては破具で抜く。これでは何も進むはずがない。「ちぐはぐ」の語源と一説に言う▲浮いたままの「領土問題」というくぎを片方は打ちたがり、もう一方は抜きたがる。日本とロシアの北方領土交渉は「ちぐはぐ」だと小欄に書いたことがある。2年前の日ロ首脳会談の頃だった▲会談で安倍晋三首相は、北方4島のうち2島の先行引き渡しに持っていこうと「経済協力」のカードを差し出した。いやいや、4島は先の大戦の結果、正当に得たのだから領土問題などない、というのがプーチン氏の年来の言い分で、両者かみ合わず▲まずは経済協力から入り、信頼関係を積み上げようじゃないか。そうやって領土問題をそそくさと奧にしまうプーチン氏に「経済協力の食い逃げか」と日本からは疑念も向けられたが▲領土交渉が動きだすかもしれない。両首脳は日ソ共同宣言(1956年)に基づき、平和条約を結ぶ交渉を加速させることで一致した。共同宣言には色丹島、歯舞群島を日本に引き渡すと書かれている▲首相にしてみればあくまで2島の「先行返還」だが、大統領は2島の引き渡しに応じるかさえも知れたものではない。交渉はちぐはぐのままか。北方の島々を何十年と包む濃霧は晴れるのか。(徹)