篠山市の市名変更、住民投票成立へ 投票率50%達成の見通し

©株式会社神戸新聞社

篠山市役所=篠山市北新町

 兵庫県篠山市の市名を「丹波篠山市」に変更することの賛否を問う住民投票は18日、投票が始まり、午後1時までに、成立の要件となる投票率50%を達成する見通しとなった。

 篠山市選挙管理委員会の発表を基に、17日までの期日前投票と、18日の投票者数を神戸新聞社が集計した。期日前の投票者は計1万479人。一方、18日は午後1時までに7728人が投票を済ませた。当日有権者は3万5005人。

 同市選管は18日の投票者数をおおむね2時間ごとに公表する。期日前を合わせた投票者総数は投票締め切り後の午後9時半ごろに発表する予定。

 同市によると、自治体の改名を巡る住民投票は全国初。市条例では投票率が50%未満なら住民投票は不成立となり、開票されない。