激しい首位争い!同タイムゴールの大激闘を山梨学院が制す!【第27回関東高校駅伝競走大会女子11/18】

©株式会社ookami

陸上 試合サマリー

第27回関東高校駅伝競走大会女子11/18は11月18日(日)に行われた。劇的レースとなった男子に引き続き、女子も一区からハイレベルなレース展開となった。1区まず飛び出したのは山梨学院の小笠原。区間賞の快走でトップでタスキリレー。しかし後続も続く。2区では今度は成田が首位に。2位に8秒差をつけやや飛び出すも、上位は依然として大混戦の展開。つづく3区では、今度は荏田が6位からジャンプアップし首位に立つ。埼玉栄も上位に浮上するなど、まったくわからない混戦に。さらに4区、今度首位に躍り出たのは錦城学園。1年生福田の快走で、山梨学院と同タイムでタスキリレー。30秒以内に上位5チームがおさまる大混戦のまま、アンカー対決へ。山梨学院と錦城学園、意地とプライドをかけた戦い、お互い一歩も譲らず激しい優勝争いを展開する。並走はトラックに入ってもつづく。錦城学園が逃げ切りを図るも山梨学院が食い下がり、勝負は最後の直線へ。錦城学園がスパートをしかけるも山梨学院もついていき、最後の最後の最後に山梨学院が力を出し同時にゴール。まったくの同タイムながら着順の結果、山梨学院が見事優勝となった。記念大会の代表校は、北関東代表が昌平、南関東代表が錦城学園となった。その他の記録一覧は詳細をご覧ください。

詳細を確認する