バスケ、開志国際は2回戦から

全国高校選手権組み合わせ

©一般社団法人共同通信社

 バスケットボールの全国高校選手権大会(12月23~29日・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)の組み合わせ抽選が18日に行われ、男子で今夏の全国高校総体を制した開志国際(新潟)は2回戦から登場し、草津東(滋賀)と正智深谷(埼玉)の勝者と対戦することが決まった。

 昨年優勝の明成(宮城)も初戦は2回戦で海部(徳島)―豊浦(山口)の勝者と激突。高校総体2位の中部大第一(愛知)も2回戦から登場する。

 女子で高校総体優勝の桜花学園(愛知)は熊本国府―高岡第一(富山)の勝者と、同準優勝の岐阜女は郡山商(福島)―就実(岡山)の勝者といずれも2回戦で対戦する。