牛すじとイチジク意外な取り合わせがV おむすびコンテスト

©株式会社京都新聞社

グランプリの「近江牛すじと滋賀のいちじくの味噌にぎり」=提供

 滋賀県産食材を使った「近江米おむすびコンテスト2018」のグランプリに、「近江牛すじと滋賀のいちじくの味噌にぎり」が選ばれた。滋賀県の情報発信拠点「ここ滋賀」(東京都)来場者の試食投票で決まった。

 コンテストは2回目で、昨年の63件を大きく上回る421件の応募があった。4日に「ここ滋賀」の来場者100人が、書類審査を通過した3品を試食し、票を投じた。

 グランプリのおむすびを考案したのは、京都市の学生原広輝さん。みそ味の牛すじ煮込みとイチジクという意外な取り合わせが人気を集めた。2位は彦根総合高2年田中万結さん=彦根市=の「近江牛そぼろのおいなりさん」、3位は会社員野村節子さん=草津市=の「滋賀のみそを使ったみそ焼きおにぎり」となった