水戸来季J2ライセンス、J1昇格できず解除条件適用

©株式会社茨城新聞社

J2水戸は19日、解除条件付きで交付されていたJ1クラブライセンスが、J2クラブライセンスに変更されたことを発表した。

17日まで行われていたリーグ戦の最終順位が10位となりJ1昇格の順位条件を充足できなかったため、解除条件が適用された。また、J2残留が決まったことにより笠松運動公園陸上競技場の短期改修工事を行わないことも確定した。

J2水戸の沼田邦郎社長はクラブを通し、「J1昇格に向けてこれからも全力で戦います。一層の努力をするので、引き続きご支援、ご協力をお願い申し上げます」とコメントした。