熊本市の福田屋「栗千里」グランプリ 全国ご当地おやつランキング

©株式会社熊本日日新聞社

「第9回ニッポン全国ご当地おやつランキング」でグランプリを獲得した福田屋の「栗千里」(ニッポン全国物産展事務局提供)

 全国商工会連合会が主催する「第9回ニッポン全国ご当地おやつランキング」で、県内からエントリーした福田屋(熊本市北区植木町)の県産和栗を使った焼き菓子「栗千里[くりせんり]」がグランプリに選ばれた。

 16~18日に東京で開かれた「ニッポン全国物産展2018」で、47都道府県の商工会連合会が1点ずつ推薦する「ご当地おやつ」の人気投票を実施。試食した来場者による投票で順位が決まった。

 栗千里は原料のクリに県産和栗のみを使った焼きモンブラン。ペースト状にしたクリにクリームを混ぜて焼き上げた。クリの香ばしい風味と、しっとりした食感が特徴という。1個125円(税別)。

 生産量全国2位の県産のクリを前面に押し出した商品をつくろうと開発したという。福田聖也社長(56)は「品質の良い熊本のクリを多くの人に知ってもらいたい」としている。(澤本麻里子)

(2018年11月20日付 熊本日日新聞朝刊掲載)