バレー男子、中垣内監督は続投

成績不振、協会が臨時理事会

©一般社団法人共同通信社

中垣内祐一監督

 日本バレーボール協会は20日、東京都内で臨時理事会を開き、日本代表男子の中垣内祐一監督(51)の続投を決めた。9月の世界選手権では1次リーグで敗退し、進退が議論されていた。嶋岡健治会長は「2年間の基礎をもとにして、さらにその上に(2020年東京五輪まで)1年半の時間をかけて進んでいく。全面的に支えていく」と話した。

 元代表エースの中垣内監督は昨年から指揮を執っているが、ワールドグランドチャンピオンズカップは5戦全敗。今年の世界選手権では16チームによる2次リーグに進めず、1998年大会の15位を下回る過去最低の成績に終わった。