片山氏、看板の条例違反認める

衆院内閣委

©一般社団法人共同通信社

衆院内閣委で答弁する片山地方創生相=21日午前

 片山さつき地方創生担当相は21日の衆院内閣委員会で、さいたま市、浜松市、名古屋市にそれぞれ設置された自身の書籍の広告看板が条例に基づく市の許可を得ていなかった時期があり、条例違反だったことを認めた。「更新が切れていた時期はそうだった」と述べた。

 ただ、許可申請は「看板の掛かっているビルの所有者などが行っている」と主張し、自身の責任については言及しなかった。違反した期間も「承知していない」とした。国民民主党の後藤祐一氏への答弁。

 片山氏は、さいたま市の看板は、土地所有者からの申し出で16日に白地に戻したと説明した。