米検察、三菱UFJ調査

北朝鮮の資金洗浄疑惑

©一般社団法人共同通信社

三菱UFJフィナンシャル・グループ本社=東京・丸の内

 【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は21日、北朝鮮が絡むマネーロンダリング(資金洗浄)疑惑を巡り、米検察当局が三菱UFJフィナンシャル・グループを昨年末から調査していると報じた。調査内容を知る複数の関係者の情報としている。

 同紙によると、ニューヨーク州当局は、資金洗浄の温床となっている北朝鮮との国境で取引をしている中国の顧客に対し、三菱UFJが身元確認をする態勢を取っていなかったとみて調べている。

 州当局によると、三菱UFJは国際的な制裁リストに記載された企業や個人との取引を除外するための内部システムを意図的に無視していたという。